【宅配レンタルGEO】定額ストリーミングよりもコスパよく音楽を聴く方法

皆さんは、どのようにして音楽を聴きますか?

CDを購入してスマートフォンに取り込んだり、動画共有サイトなどにアップロードされている公式MVを視聴したり、最近ではApple MusicやLINE MUSICなどの定額制の音楽ストリーミングサービスを契約して聴く方法もあるでしょう。

しかし、アーティストにきちんと対価を支払って活動を支えながらも、もっとコスパよく音楽を聴く方法があるのです! 今回は、その方法をご紹介いたします!
※表記の金額は特に記載のある場合を除き税込です。

コスパ良く聴く方法!それは、レンタルCD

「いや、レンタルCDくらい知ってるし」と思って検索結果のページに戻ろうとしているあなた!少しばかりお待ちくださいっ!

レンタルCDって本当に凄いんですよ! なぜ、定額制の音楽ストリーミングよりもレンタルCDが一番コスパ良く、なおかつアーティストにきちんと対価を支払って音楽を聴くことができるのか、語らせてください!(笑)

後半では、激安なのにラインナップが充実しているおすすめのレンタルCDサービスも紹介しますよ〜!

レンタルCDが1番コスパが良い理由

なぜ、レンタルCDが1番コスパが良いと言えるのか。それは圧倒的なラインナップ数を誇るのにも関わらず、発売してから約1年以上経過した「旧作」のCDに関しては最安で1枚50円からレンタルできるからです。

もちろん、借りたいものだけ借りて返却するのでランニングコストは一切かかりません。レンタルCDの価格については後述します。

対して、定額制の音楽ストリーミングでは、毎月約1,000円ほどのランニングコストが発生します。しかも、そのラインナップが充実しているかと言えば邦楽に関してはかなり理想とかけ離れたものとなっています。

そして、動画共有サイトで配信されているMVは、CDの販売促進のために作られているものですので、大半は1番のみの試聴程度の時間しか聴くことができません。

また、定額制の音楽ストリーミングも動画共有サイトもストリーミングが基本ですので、一部の音楽ストリーミングサービスを除いてダウンロードすることができず、貴重な通信量を消費することになり、最悪の場合は速度制限にかかってしまいます。速度制限されてしまうと、その後満足してインターネットを楽しむことができなくなるかもしれません。

その点、CDではパソコンを経由してスマートフォン等に取り込むので、インターネットの接続を必要としないオフラインの環境で再生することができます。そして、音に関しても圧縮しない限り最高音質で楽しむことができるわけです。

他にもまだ利点があります。それは保有性があるため安定して音楽を聴くことができる点です。音楽ストリーミングでは、物体として保有しているわけではありません。

従って、インターネットに繋がる環境にいなければ聴くことできませんし、もし契約している音楽ストリーミングがサーバーの不具合で接続できなかったり、あるいはサービスが終了してしまった場合はもう音楽を聴くことができません。

可能性としては低いですが、オンラインであるが故に発生するリスクを常に背負う必要があります。

一方、CDではまったくそのような心配は無用です。オフラインで聴くことできる上に、レンタルCDの場合は私的使用に限り複製が認められるので、例えばパソコンやスマートフォンから音楽が消えてしまっても複製したCDを再度取り込めば問題ありません。

保有という安心は心強いです。ただ、保有のデメリットがないわけではありません。それは音楽のデータを直接保存するのでスマートフォンの容量を犠牲にしなければなりません。

とは言えど、近年はスマートフォンも大容量化が進んでおり、iPhoneに関して言えば最大で512GB保存することができるのでさほど大きな問題ではないかもしれません。

Q.8 レンタル店から借りたCDを自分のパソコンにコピーするのは違法ですか?
A.8 違法ではありません。
レンタル店から借りたCDを自分で聞くためにコピーすることは、「私的使用のための複製」に該当するのでコピーできます。違法ではありません。

出典:日本レコード協会

おすすめのレンタルCDサービスはこれだ!

コスパ良く音楽を聴くにあたって何より重要なのは価格です。先ほど「旧作」の音楽CDなら1枚50円と申し上げましたが、そのレンタルサービスを提供しているのは「ゲオオンライン」です!

「ゲオオンライン」こそ私がおすすめする最強のレンタルCDサービスです。さっそく「ゲオオンライン」の価格の魅力を紹介していきましょう。

まず「ゲオオンライン」のレンタルCDにおけるスポットレンタルサービスの通常料金は以下の通りです。最大で20枚まで借りることができます。ちなみに、スポットレンタルサービスとと借りたい時だけその分支払うサービスで、このサービスに対するのがいわゆる月額会員制サービスです。

CD1枚あたりのレンタル料金(通常料金)
新作 389円
準新作 248円
旧作 103円

あれ?旧作は1枚50円じゃないの?と、疑問に思われたかもしれません。確かに旧作は1枚50円ですがそれはキャンペーン中の料金であり、通常料金では1枚102円からになります。

とは言っても実は「ゲオオンライン」では少し事情が違います。普通、キャンペーンと言えばたまに開催されるものと思われますが、「ゲオオンライン」では真逆なのです。つまり、ほぼ1年を通してキャンペーンを実施しており、通常料金で提供されている比重はかなり低めです。

感覚でいうと、キャンペーン料金:通常料金=8:2くらいです! もはや、キャンペーン料金が通常料金といっても過言ではありません!(笑)

CD1枚あたりのレンタル料金(キャンペーン料金)
旧作 50円

実際にどのくらいの周期でキャンペーンが実施されるのか、ゲオオンライン公式Twitterの過去の告知を確認しながら、実際に実施された2017年10月のキャンペーンをカレンダーにまとめてみました。

図からご覧いただけだように、旧作については約5日間は1枚80円ですが、残りの20.5日間は1枚50円で通常料金でのサービスはたったの5日です!

つまり、ほとんどキャンペーン料金でレンタルサービスを提供しているので、旧作は1枚50円からと思ってもらってもまったく問題ありません!

そして、旧作が通常料金の時でも、準新作1枚80円という別のキャンペーンを実施されていることも多々ありますので、毎日キャンペーン実施ともいえますね! 準新作1枚80円!これも見逃せないですね!

ここまで安いと、アーティストに著作権料などの対価は支払われているのかと気になりますが、定額制の音楽ストリーミングと同様にきちんと支払われていますので心配ありません。

そして、ゲオオンラインのレンタルサービスは宅配レンタルなのでレンタル代に加えて送料が発生します。送料は枚数ごとに異なります。

枚数 送料(全国一律)
1枚~7枚 313円
8枚~16枚 518円
17枚~20枚 605円

まあそうは言っても、最安で313円です。この送料は返却の際に発生する送料も含まれていますので、よくよく考えればかなりオトクです!

仮に旧作を7枚までレンタルしたとすれば、7枚×50円+送料313円=663円です! 送料も含めて7枚で合計663円ですよ! いや〜めっちゃ安くないですか?

しかも、キャンペーン期間中はレンタル期間が10日間延長され20日間レンタルすることができます。そして、返却は郵便局のポストに投函するだけでOK! もう借りない手はありません!

そして、1番気になるラインアップですがほぼ全てのアーティストのCDがあると思ってもらってOKです!ここに挙げてもキリがないので、ゲオオンラインの公式サイトから検索してみてください! もし仮になくても、リクエストページからレンタルしたいCDをリクエストすることもできます。

ゲオオンラインで自分好みのアーティストのCDをたくさんレンタルすれば、自分専用のミュージックライブラリを作ることができます。後はiTunes等を使って、アルバムアートワーク(ジャケット)を入手すれば完璧です!

最後に

いかがだったでしょうか?

毎月約1,000円払って、ラインアップが完璧とはいえない定額制の音楽ストリーミングを利用するよりも、よっぽどコスパが良いと思いませんか?

なんと言ったって、レンタルCDであればランニングコストが0円で好きなアーティストの音楽を聴き放題で楽しめますからねっ!

もちろんCDを買うことが1番アーティストにとっての支えにはなりますが…まあ、今回はコスパ重視ということで! 応援しているアーティストが入れば、ぜひCDを購入して応援しましょう! ってもうしてるか(汗)

まあ何はともあれ、実はレンタルCDで音楽を楽しむのも中々良いですよ!というお話でした!