【大学生バイト】Uber Eatsの配達員をやって1年!ぶっちゃけ稼げるのか暴露!

2016年9月にサービスが開始されたシェアリングエコノミー型のフードデリバリーサービス「Uber Eats」。私も大学に通いながらパートナー配達員として働いてから、約1年が経過しました。

ネット上では、時給2千円!日給2万円!という情報をよく見かけますが、果たして本当なのか、現パートナー配達員である私が本音で語りたいと思います。

歴1年半の私がUberEatsの配達員をメインのバイトにすることを辞めた理由

そもそも、Uber Eatsってどんな仕事なのか?

Uber Eatsとは、米Uber Technologies株式会社の日本法人、Uber Japan株式会社が東京と横浜、川崎、大阪の一部で展開しているシェアリングエコノミー型のフードデリバリーサービスです。

フードデリバリーと言うと、どこかの飲食店に就職して、そこのお店の料理を運ぶという、いわゆるピザデリバリーを思い浮かべますが、そういうものではありません。

まだ発展途上のサービスということや、認知度が低いことから、イメージがしにくいと思いますが、ひとことで言うと、料理専門の「運び屋」という感覚です

まずは、こちらのビデオをご覧ください。大まかな仕事内容が理解できるかと思います。
(UberEATS 横浜 となっていますが、東京でも仕事内容は全く同じです。)


要するに、お客さんがUber Eatsというサービスを利用して、提携しているレストランの中から好きな料理を注文し、たまたまそのレストランの周辺にいたパートナー配達員がUber Eatsのシステムを経由して依頼を承り、料理をレストランから受け取って、お客さんが指定する場所(家や会社、公園など)へ配達して渡すというお仕事です。

配達の際は、ご自身が保有する軽自動車やバイク、自転車を使用するか、あるいはUberと提携するレンタルサービスをご利用ください。自転車をレンタルするならば、電動アシスト付きのレンタルサイクルを特別価格の月額4,000円でレンタルして利用できる「ドコモ・バイクシェア」がおすすめです。

このUber Eatsパートナー配達員の最大の魅力は、シフト制という概念がなくその時の気分次第でお仕事ができるということです。事前に仕事をするか否かの申請も不要です。

ご自身のiPhoneやAndoridなどのスマートフォンを利用した専用アプリを使って仕事をします。始める時もやめる時も専用アプリからワンタップで切り替えが可能です。

本題!UberEATSは本当に稼げるのか?

では、Uber Eatsは本当に稼げるのか、詳しく述べていきたいと思います。

結論から申し上げると、

稼げるか稼げないかはその日の運!でも経験値を上げて、コツを掴めば、最低賃金よりも余裕でたくさん稼げる!

です。

”その日の運で稼ぎが変わる” とはどういうことか

まずは、Uber Eatsの報酬システムを見ていきましょう。Uber Eatsでは世間のアルバイトとは異なり、時給制ではありません。

Uber Eatsは仕事量に比例して報酬額が増える「完全歩合制」です。ならば「仕事をたくさんすれば稼げるじゃん!」と思われますが、必ずしも稼げるとは限りません。

どういうことかと言うと、どんなに仕事をたくさんこなそうと努力をしても、配達の依頼が来なければ一銭も稼げないということです。

つまり、出勤して何時間働こうと待機していても、依頼数が0ならばその日の報酬額は0円ということになります。(このようなことになることは経験上ありませんが。)

そして、なぜ「運」なのか。それは、日によって依頼数とパートナー配達員の稼働率(出勤率)が異なり、それが自身の報酬額に影響を及ぼすからです

例えば、依頼数が少なければ当然報酬額は少なくなりますし、パートナー配達員の稼働率が高ければ、依頼数という需要量に対して稼働率という供給量が上回る、いわゆる供給過剰に陥り、自身に回ってくる仕事量が相対的に減少するからです。すると必然的に稼ぎも減ります。

依頼数は一概には言えませんが、土日祝日が多い傾向にあります。このように依頼数が多いことが予測できる場合は、Uber Eatsの運営側が、抽選でパートナー配達員に対して、依頼を受けた仕事量に応じて追加で支給される特別インセンティブ(特別手当)のメッセージをメールやSMSで予告します。

この抽選に当選したかどうかで、その日の報酬額も大きく変わってきます。

また、このようなメッセージを受けたパートナー配達員は、通常よりも稼働しようとする気持ちが高まりますので、供給量が増えてしまいます。結果として、場合によっては供給過剰に陥る可能性が高まり、待機時間が増え、稼ぎにくいと感じるかもしれません。

すべてが「運」は言いませんが、マッチングサービスという特性上、こういった ”不確定要素” が報酬額に影響を及ぼすことが大いにあることは否めません。

”経験値を上げて、コツを掴む” ことの重要性

Uber Eatsでより多く稼ぐには、経験値を上げてコツを掴むことが大切です。経験値を上げることはUber Eatsに限らず、どのような職種でも重要だろうと思われますが、研修制度がないUber Eatsでは他とは比べものにならないくらい重要度が高いと言えるでしょう。

Uber Eatsで仕事を始めるにあたっては、インターネットから登録し、その後パートナーセンターで簡単な説明ビデオを視聴して本登録を済ませ、配達用バッグを受け取って終了です。スタッフにサポートを受けることはできますが、雇用形態が業務委託型の個人事業主(フリーランス)であるため、基本的に自分で実際に仕事をしながら勉強をします。

経験値を上げることは、仕事の効率上げることに等しいと言えます。効率を上げるためには、まず ”地図を頭に入れる” ことが大切です。

これは、単純に配達時間を短縮して速達を実現することや、道の特性を理解することで自身の好みの配達エリアを見つけることにつながります。実際に配達する際は、Uberアプリと連携する地図アプリのナビ機能を用います。

ところが自転車で配達する際は、徒歩用ナビを使うのですが、ベータ版であるため不完全ということもあり、階段がある場所や砂利がある裏道に案内される場合があり、結果的に配達遅延を引き起こしていまします。配達遅延は顧客満足度の低下につながりますので、注意が必要です。

エリアによっては、坂道が多かったり、車線の多い道路のため横断できない道が多数あるなど、自転車での配達が向かなかったりします。

どう感じるかは、個人差であったりしますが、地図を理解することで自分の相性の良いエリアを見つけるでき、結果として効率の良い仕事ぶりを発揮できるので、顧客満足度の上昇とより多くの報酬を稼げることに繋がるでしょう。

もう一つ重要なのは、建物の特徴を理解することです。Uber Eatsでは、東京という土地柄、高級タワーマンションへ配達する機会がかなり多いです。高級タワーマンションの場合は、通常の建物とは異なり、居住者が使用する正面エントランスから入館できない場合がほとんどです。

この場合、マンションの防災センターという名の業者専用口(裏口)から入らなければなりません。ならば、普通に裏に行けばいいじゃん、と思われますが、これがはじめての訪問だと探すのはかなり大変です。地下に隠れていたり、立体駐車場の奥にあったりなどです。

研修制度のないUberですから、当然そのようなことを教わることもなく、自分で探して学ばなければなりません。

ここでいちいちつまずいていると、配達に時間がかかり、顧客満足度を下げる原因となります。私も幾度か玄関先で怒られたことがありました。

これらから言えることは、何度も申し上げますが、とにかく経験値を上げることです。経験値を上げているうちにコツを掴んできます。ここのエリアなら、平坦で走りやすい道が多いだとか、注文数の多いレストランがたくさんあるとか、めんどくさいマンションが少ないだとか、いろいろな発見ができるはずです。

実際にいくら稼げているのか

これは、私が実際に稼いだ報酬です。左側は、Uber Eatsをはじめて2日目の報酬額、中央はUber Eatsパートナー配達員をはじめて1年ほど経過した時の報酬額、右側は特別インセンティブ(特別手当)が支給されたときの報酬額です。

経験値が低い2日目は、最低賃金を大幅に下回る時給割れが起こっています。この頃は、まだ全然地図が頭に入っておらず、道を曲がる度に地図アプリをチェックしていました。1回の平均配達時間も長く、非効率的な仕事ぶりでした。

対して、中央の報酬額を見てみると逆に最低賃金を大幅に上回っており、時給換算にして1,368円となっております。この週は連続して3日ほど稼働しましたが、残りの2日も同じような報酬額となりました。

やはり1年やっていると、それなりの経験値が得られているので、コンスタントにこのくらいは稼げるようになります。

そして極めつけは、右側。こちらは特別インセンティブと呼ばれる特別手当が支給されたため、時給換算にして1,564円とかなり高額な報酬となっています。プロモーションで+3,400円を表記されている額が、特別インセンティブによる追加で得た報酬です。

よく、Uber Eatsパートナー配達員の募集広告で日給2万円と紹介されているのをよく見かけますが、経験値を上げてコツを掴んでいるという前提で、労働時間(オンライン時間)をかなり増やせば決して無理な目標ではないかと思います。

現にTwitter上で、その日の報酬額をツイートしているパートナー配達員を見かけますが、特別インセンティブが支給されてはいるものの、日給2万円以上稼いでいる人をよく見かけます。ただ、終日を通して時給換算2千円というのはさすがに無理がある数字だと思います。

やはり、経験値を上げることが大切だということが、この事実からも理解できるかと思います。

改めて結論!!

Uber Eatsは普通のバイトよりもそこそこ稼げます! ただし、その水準に必要な経験値に達するまでには多少時間がかかる!

です。週払いで比較的すぐに収入を得られ、なおかつフリーランスということもあり、めんどくさい人間関係もなく、気軽に始められるUber Eatsパートナー配達員。興味がある方は、ぜひ明日にでもはじめてみてはいかがでしょうか?