電車のリアルタイム位置が分かる「JR東日本アプリ」が遅延の時に超便利!

朝の通勤・通学で遅延が発生することもしばしば起こります。そんな時に少しでも遅れを取り戻すために、乗り換えや振替輸送を検討しますが、電車のダイヤ乱れで、路線アプリも駅の時刻表も役に立ちません。

ところが、そんな状況においても、リアルタイムで電車の位置情報を取得でき、かつ到着予定時刻を確認することできるアプリケーションがあるのをご存じでしょうか?

遅延無敵、その名も「JR東日本アプリ」

「JR東日本アプリ」とは、JR東日本が開発した公式アプリで、JR東日本エリアの電車や新幹線のリアルタイム位置情報や運行情報、駅構内のコインロッカーの空き情報などの確認や、駅ナカのNewDaysのクーポンの発行ができます。

その中でも特に便利かつ、このアプリの最大の魅力であるのが「列車走行位置」という機能です。これは文字通り、JR東日本の在来線や特急列車、新幹線のリアルタイムの位置情報と到着予定時刻が確認できるものです。

こちらは、平常時でも乗り換えの際に活躍するのですが、この機能が最も発揮するのは遅延が発生した時です。遅延が発生して電車のダイヤが乱れてしまえば、時刻表どおりの運行ではなくなりますので、路線アプリや駅の時刻表や役に立たなくなります。

そのような時に「列車走行位置」は活躍します。ただ、JR東日本の公式アプリということもあり、対応路線はJR東日本のみです。

しかし、JR東日本の一部路線は私鉄などの他社線と相互直通運転していることや、振替輸送の際にJR東日本の路線を利用することもあると思われますので、私鉄ユーザーでもインストールする価値はあるのではないでしょうか。

ちなみに、JR東日本の以外の私鉄では、東急電鉄や京王電鉄、東京メトロも同様のアプリを提供しています。相互に連携していますので、アプリの切り替えもスムーズです。

見よ!「列車走行位置」の威力!

「列車走行位置」では、次のように路線図の上に、実際にリアルタイムで走行している列車の位置が表示されます。この際に遅延が発生していると、何分の遅延であるか、横に赤文字で「+◯(分)」と表記されます。



そして「詳細」をタップすると、定刻到着時刻と、遅延が発生している場合は、見込到着時刻を確認できます。



これらを活用すれば、遅延発生時に電車を乗る際、乗車予定の電車の到着時刻を確認できれば、ソワソワせず計画的に駅に向かうことができます。また、乗り換えの際には、時刻表ベースで作られている路線アプリで予定していた電車に乗れなくなる可能性があります。

その時に「列車走行位置」を用いれば、どこの駅でどの電車に乗り換えればよいか、自分で再計画を立てることができます。

これは、他社線に大幅な遅れが発生して、振替輸送としてJR東日本の電車に乗車する場合の際にも役に立ちますね。

「湘南新宿ライン」のなぜ!? 遅延と運休が多い・回復が遅い理由は?

実は違う。路線によってさまざまな「列車走行位置」

「列車走行位置」は路線によって5種類に分かれています。遅延時における見込到着時刻などが確認できる、上記の「列車走行位置」の正式名称は「列車走行位置(首都圏)」で以下の路線に対応しています。

路線 区間
東海道線 東京〜湯河原
横須賀線・総武快速線 久里浜〜千葉
湘南新宿ライン 神保原〜小田原
逗子〜宇都宮
京浜東北・根岸線 大宮〜大船
横浜線・根岸線 八王子〜大船
南武線 川崎〜立川
中央本線 甲府〜立川
中央線快速電車 高尾〜東京
中央・総武線各駅停車 三鷹〜千葉
総武快速線 東京〜千葉
青梅線 立川〜青梅
五日市線 立川〜武蔵五日市
宇都宮線 上野〜黒磯
高崎線 上野〜神保原
埼京線・川越線 大崎〜川越
常磐線快速・普通 羽鳥〜品川
常磐線各駅停車 綾瀬〜取手
京葉線 東京〜蘇我
武蔵野線 府中本町〜西船橋
上野東京ライン 神保原〜湯河原
黒磯〜湯河原
羽鳥〜品川


機能は若干異なりますが、他には、山手線の車内混雑状況や温度、そして最新車両であるE235系の走行位置など、山手線の情報に特化した「列車走行位置(山手線トレインネット)」や、千葉支社が管轄する「列車走行位置(千葉エリア)」などがあります。

緊急時は路線アプリより公式アプリ

いかがだったでしょうか?

私が日頃愛用している「Yahoo!乗換案内」は無料かつ高機能であり、鉄道会社が公式に提供しない情報も入手できる完璧なアプリケーションです。ただ、こうした「Yahoo!乗換案内」に関わらず、一般的な路線アプリは時刻表ベースで作られていますので、遅延などといったトラブルには対応できないのが現状です。

そういった局面において、鉄道会社による公式のアプリケーションでのリアルタイムの情報は非常に助かりますね。ぜひ、ダウンロードしてみてください!