【学生必見】Apple PayのSuica通学定期券を新規購入する方法

 新年度になり、これから新しい学校で学んでいく学生も多いことでしょう。そうなると、まず必要なのは通学定期券。お財布にプラスチックのICカードを入れて、”ピッ” っとしますよね。しかし今はモバイル決済の時代。iPhone 7以降のiPhoneまたはApple Watch Series 2以降のApple Watchをお持ちの方は、Apple PayのSuica通学定期券を購入することができるのです! 今回はその方法を紹介いたします!

通勤定期券とは購入方法が大きく異なる

 Apple PayでSuica通勤定期券を購入する場合は、iPhoneのSuicaアプリからクレジットカード決済(デビットカードも可)で簡単に購入することができます。しかし、Suica通学定期券の場合は、学生であることや通学の証明をする必要があるため、大きく手続きが異なります。

補足
Apple PayのSuica通学定期券を購入できるのは大学・専門学校生に該当する方のみで、高校生以下の方は購入できません。通常のICカード型Suica通学定期券または磁気定期券になります。

Apple PayのSuica通学定期券の購入方法は2つある

方法1:駅でICカード型のSuica通学定期券を購入してiPhone(7以降)に取り込む

みどりの窓口にある筆記台に置いてある。

 iPhone 7以降のiPhoneをお持ちの方は、駅の窓口でICカード型のSuica通学定期券(プラスチックカード)を購入した後に、Walletアプリで取り込む方法があります。購入方法は、駅にある「通学定期券購入申込書」に必要事項を記入し、学生証や通学証明書などの証明証を持参することで、みどりの窓口で購入できます。お支払い方法は現金もしくはクレジットカード、デビットカードが利用できます。またカード発行として、デポジット500円かかります。
 購入できたらiPhoneに取り込みましょう。取り込み手順はこちらのJR東日本の公式動画をご覧ください。

 取り込みが終了した時点で、デポジット500円がチャージされる形で返金され、ICカード型のSuica(プラスチックカード)は使用することができなくなります。不必要であれば、破棄するか駅の窓口で返納しましょう。
 時間もかからず、即日で発行することができるので、おすすめの方法です。

注意
Apple Watch 本体にはSuicaを取り込む機能がないため、この方法で購入する場合はiPhone 7以降のiPhoneが必ず必要になります。例えば、iPhone 6s × Apple Watch の組み合わせでお使いの方は、次の方法をご利用ください。

方法2:モバイルSuicaの会員サイトで手続きしてSuicaアプリで購入する

 iPhone 7以降のiPhoneをお持ちではなく、Apple Watch Series 2以降のApple WatchでSuica通学定期券をご利用になりたい場合は、次の手順で購入します。この方法で購入する場合は使用開始日まで最短で7日かかり、即日での発行ができないので注意が必要です。また、お支払い方法が限定されています(詳細は後述)。
 もちろんiPhone 7以降のiPhoneの場合でもこの方法で購入することはできますが、時間がかかるのでおすすめしません。方法1を推奨します。
 また、Apple Watch Series 2以降のApple WatchでSuica通学定期券をご利用になりたい場合でも、iPhone 7以降のiPhoneをお持ちであれば、iPhoneにICカード型のSuica通学定期券を取り込んでから、Apple Watchに移動させることができるので、こちらも方法1を推奨します。

【方法2】モバイルSuicaの会員サイトでSuica通学定期券を購入する手順

0. 事前準備!

 事前準備として、Suicaアプリのインストールが必要です。App Storeからダウンロードしましょう。インストールが完了したらSuicaを新規発行しましょう。その際、必ず記名式のSuicaを選択し、手順に従って会員登録(モバイルSuica)をしてください。
 手順はこちらのJR東日本の公式動画をご覧ください。動画内で、「Suicaの発行時には、クレジットカードによるチャージが必要となります。」と字幕が表示されますが、クレジットカード以外にもデビットカードでの登録が可能です。また、初回発行時にはチャージ(最小入金額は1,000円)が必要なので予めご注意ください。
(動画タイトルが「Suicaカードをお持ちでない方のiPhone 7での新規発行」となっていますが、Apple Watch Series 2以降のApple Watchでも同様の手順です。Apple Watch とペアリングされているiPhoneで進めてください。)


 事前準備が完了したら、次の手順に進みましょう。

1. モバイルSuicaの会員メニューサイトにログイン
 PCのブラウザからモバイルSuicaの会員サイトで手続きします。

2.「通学定期券予約申込」をクリック


3. 必要事項を入力する
 画面に従って、区間や使用路線、学校と自宅の住所、有効期間や使用開始日などを入力してください。

4. 申込書をダウンロード&印刷する


 金額等を確認し、間違いがなければ申込書をダウンロードし、印刷してください。

5. 学生証や通学証明書などをコピーする
 学生であることや通学することを証明するために、学生証や通学証明書などをJR東日本に提出する必要があります。それぞれコピーをとってください。

6. 書類を封筒に入れて郵便局へ提出

封筒に宛先を書いて郵便局へ提出する。

 印刷したモバイルSuica通学定期券申込書とコピーした学生証や通学証明書などの証明書類を封筒に入れて、郵便局の窓口で出してください。ポストでの投函でも問題ないですが、郵便局の窓口で直接出すとその場で消印を押してもらえますので、ポスト投函より比較的早い便で配送されます。

郵送先
〒330-9567 JR東日本 モバイルSuica コールセンター宛 (通学定期券受付係)
※都道府県や番地などの住所は不要


7. メールを確認

 数日後、JR東日本から通学定期券の購入準備が完了したという旨のメールが届きます。さっそく購入手続きに入りましょう。

8. Suicaアプリを開く



9. 「チケット購入・Suica管理」をタップ



10. 「定期券」をタップ



11. お知らせを確認

 ここで、モバイルSuicaの会員サイトでSuica通学定期券の予約申込をしたということが確認できました。「定期券購入・変更・払戻」をタップ。

12. 予約申込した通学定期券の概要を確認

 通学区間や有効期間、経路などを確認して、問題なければ、「次へ」をタップ。

13. 使用開始日と期間の最終確認

 問題なければ、「次へ」をタップ。

14. 購入前の最終確認

 もう一度確認して問題なければ、お支払い方法を選択して、購入手続きを行う。

注意
お支払い方法は、Apple Payに登録されているクレジットカードまたは、モバイルSuica会員に紐付けられたクレジットカード、デビットカードのみです。モバイルSuica会員で紐付けられるクレジットカード、デビットカードは、会員の際に登録した氏名と一致する本人名義のもののみです。例えば、ご両親のクレジットカードは使用することができませんのでご注意ください。

15. 完了!


ひとこと

 iPhone 7以降のiPhoneを持っていれば、簡単に即日発行できて便利ですが、Apple Watch のみで利用する場合はかなり手続きが面倒になってしまいます。時間がかかることを考慮した上で、購入にとりかかりましょう。
 本記事が参考になりましたら幸いです。もしよろしければ、以下のボタンからシェアをお願いします!