Apple Pencil対応のiPad(2018)とiPad Proの違いは?学生はどちらを買うべき?

日本時間3月28日0時、アメリカの高校でひっそりと行われたAppleのイベント。今回は通常の発表会とは異なり、ライブストリーミングはなく、教育向けのソフトウェアを中心にプレゼンが行われました。

そんな「Appleと教育」をテーマした発表会で、唯一発表されたハードウェアである新iPadは、学生や教職員などを中心により多くの方に体験していただけるよう、ブラッシュアップさせつつ機能と価格を抑えた、非常にシンプルなデバイスとなりました。

その中でも1番大きな進化はApple Pencilに対応したこと。今まではiPad Proのみに対応していた機能であり、大きな差別化の1ポイントでしたが、新iPadの登場で状況が大きく変わってきました。とは言え、細かい部分では違いはたくさんあります。

今回は、この新iPad (2018) と最新版iPad Pro (2017) を徹底比較し、学生が購入することを前提に、学生視点でどちらを購入するのが望ましいか考えていきたいと思います。

新iPadとiPad Proの違いはとにかく ”ディスプレイ”

ディスプレイの ”サイズ” から機能の違いを見る

まずは、ディスプレイのサイズから見ていきましょう。最新版iPad Pro (2017) では、12.9インチと10.5インチの2サイズに対して、新iPad (2018) は、初代iPadから引き続き9.7インチのみの1サイズとなっています。

12.9インチと9.7インチを比較するとかなり大きさの違いを感じますが、10.5インチと9.7インチを比較した場合では、大きさの違いは誤差の程度にしか感じません。

使える機能においても概ね差はありませんが、唯一Microsoft社のOffice (Word・Excel・PowePointなど)については若干異なります。

Officeには「Office 365 (定額制)」や「Office (買い切り版)」など様々な種類がありますが、そのうち、新iPadでは「Office Mobile」と呼ばれる簡易的な編集機能を備えたOfficeアプリを無料で利用することができます。

これはMicrosoft社が定める、10.1インチ以下のスマートデバイスは無料で利用できる、という規定によるものです。

従って、10.1インチ以上であるiPad Proでは無料で利用することができず、有料の定額制サービスである「Office 365」を契約しなければなりません。

とは言え、「Office Mobile」を無料で利用した場合に使える機能は簡易的な編集程度であるため、いわゆるパソコンなどで使える応用機能を利用するには、9.7インチの新iPadでも、「Office 365」の契約が必要となってきます。詳しい機能の違いは、こちらから確認してください。

でも、「Office 365」を契約していないし、基本的な機能だけでもいいから無料でOfficeを使いたい!という方には、9.7インチの新iPadがぴったりかもしれません。ただ、Officeにこだわらないのであれば、Apple版のOfficeと呼ばれる「iWork」なら、どのiPadをチョイスしても完全無料で使うことができます。

また、多くの大学ではMicrosoft社とOfficeに関する包括契約をしているため、もしあなたが大学生ならば、大学側から付与される個人メールアドレスをライセンスIDとして、在学中に限って「Office 365」を無償で利用できるかもしれません。

在学生あるいは、これから入学される方は、ぜひ大学に問い合わせて確認してみてください。

まとめ①
  1. 最新版iPad Pro (2017)は12.9インチと10.5インチの2サイズ、新iPad (2018)は9.7インチの1サイズのみ。サイズの違いによる機能の差はない
  2. ただし、新iPadなら10.1インチより小さい9.7インチであるため、Microsoft社の「Office Mobile」の基本的な編集機能を無料で使うことができる
  3. Microsoft社とOfficeに関する包括契約をしている大学に在籍している学生なら、ディスプレイのサイズに関わらず、フル機能が使える「Office 365」を無償で利用できる

ディスプレイの ”性能” から使い心地の違いを見る

次に、ディスプレイの性能について見ていきたいと思います。ここが、新iPad (2018) と最新版iPad Pro (2017) の最も大きく異なる点です。

まずは、共通の仕様から確認していきましょう。新iPadとiPad Proではディスプレイサイズは違うものの、画素密度は264ppiとなっています。

また、基本的なコーティングとして指紋がつきにくく皮脂が弾きやすい「耐指紋性撥油コーティング」が施されています。ここまでは、両方とも全く同じです。

次に上げるディスプレイ性能は、iPad Proのみに搭載されており、新iPadでは省かれています。これらは、色や画面の見やすさ、Apple Pencilの使い心地に大きく関わってきます。

  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ

「反射防止コーティング」とはその名の通り、光による反射を極力抑えディスプレイをより見やすくなるように施されたコーティングです。

「広色域ディスプレイ(P3)」とは、要するにディスプレイにおける緑と赤の発色がより鮮明になり、色の再現力が上がったということです。

「True Toneディスプレイ」とは、周りの光の色によって見え方が変わってしまうディスプレイをより自然な色合いに自動調整してくれる機能です。こちらは設定からオン/オフの切り替えができます。

これらは便利機能のようなもので、あれば便利なくても困らないといった程度で、使用感にこれと言って大きな問題は与えません。

問題は、「フルラミネーションディスプレイ」と「ProMotionテクノロジー」です。こちらはApple Pencilを使用した時に最も違いを感じるでしょう。

「フルラミネーションディスプレイ」とは、それぞれ独立している液晶パネル、タッチパネル、カバーガラスを一体化させた加工技術です。新iPadは、フルラミネーションディスプレイではなく従来型のディスプレイのため一体化しておらず、それぞれのガラスやパネルの間に少し隙間があります。

通常の使用ではこの隙間による問題は感じませんが、隙間がある分、タッチしている位置と実際に反応する位置に少しズレが発生するため、Apple Pencilなどで細かい描写をしている時などは、ストレスを感じるかもしれません。

次に「ProMotionテクノロジー」ですが、こちらはリフレッシュレートが通常60Hzよりも高い、最大120Hzに向上された技術のことです。

リフレッシュレートとは1秒間に何回画面が切り替わったかを示す数値です。120Hzなら1秒間に120回画面が切り替わります。

この数値が高ければ高いほどスクロールやアニメーションの滑らかさ、Apple Pencilの追従速度がよりスピーディーになります。この「ProMotionテクノロジー」の搭載の有無によってApple Pencilの使い心地が大きく変わってきます。こちらの動画をご覧ください。

 

Apple Pencilを使用した際の追従速度の違いを感じいただけたかと思います。今回の新iPadでは、こちらの「ProMotionテクノロジー」が搭載されておりませんのでリフレッシュレートは60Hzのままとなります。ただ、通常のメモ書き程度なら特に問題はありません。

実際に、私が所有しているiPad Proのリフレッシュレート値を設定から60Hzに制限してメモ書きしてみましたが、そんなにストレスは感じませんでした。とは言え当然ですが、制限せずに通常の最大120Hzの方が小さい文字や細かい図などは書きやすかったです。

まとめ
  1. 新iPad (2018) と最新版iPad Pro (2017) の共通の仕様として「耐指紋性撥油コーティング」が施されている
  2. 最新版iPad Pro (2017) のみに搭載されている 「反射防止コーティング」「広色域ディスプレイ(P3)」「True Toneディスプレイ」 は、あると便利だけど、なくても困らない。ただし、美術関連に使うなら 「広色域ディスプレイ(P3)」 があると良い
  3. 最新版iPad Pro (2017) のみに搭載されている 「フルラミネーションディスプレイ」「ProMotionテクノロジー」 によって、Apple Pencilを使用した時に使い心地の良さが上がる。

新iPadとiPad Proの細かな違い

細かな違いを表にまとめてみました。

  新iPad (2018) 最新版iPad Pro (2017)
プロセッサ 第4世代A10 Fusionチップ
組み込み型M10コプロセッサ
第4世代A10X Fusionチップ
組み込み型M10コプロセッサ
メモリ 2GB 4GB
ストレージ 32GB / 128GB 64GB / 256GB / 512GB
カメラ  メイン 800万画素 (F2.4) 1200万画素 (F1.8)
光学式手ぶれ補正搭載
イン 120万画素 700万画素
スピーカー 下部2スピーカー 上下4スピーカー
指紋認証 第1世代Touch ID 第2世代Touch ID
Apple Pencil 対応 対応
Smart Keyboard 非対応 対応

結論!学生はどちらを買うべきか?

もし学生がiPadを購入するのであれば、どちらのiPadを買うのが正解なのでしょうか。プロセッサによる性能差、Apple Pencilの使い心地を比較して考えていきましょう。

新iPad (2018) に向いているのは、授業や講義の際にノートテイキングを主な利用として考えている、いわゆる普通科の高校生や文系の大学生の方です。

「ProMotionテクノロジー」が搭載されていないためリフレッシュレートは60Hzですが、ノートテイキング程度の利用なら十分と言えます。また、スペックに関してもライトな使い方ですので、必要十分と言えるでしょう。何せコスパは最強です!

逆に最新版iPad Pro (2017) に向いているのは、美術関係の学校に通われている方です。最新版iPad Pro (2017) では、画像処理や動画処理にも安心のスペックで、なおかつ「フルラミネーションディスプレイ」や「ProMotionテクノロジー」が搭載されておりますので、最大120Hzのリフレッシュレートにより、Apple Pencilを用いてきめ細やかな描写をすることができます。

また、ディスプレイも「広色域ディスプレイ(P3)」ですので、よりリアリティな発色により、忠実な美術体験ができるでしょう。

ただし、新iPad (2018) にはSmart Connectorが搭載されていませんので、Apple純正の「Smart Keyboard」を使用することができません。この点を踏まえると、また迷ってきてしまいますが、私はキーボード入力において「Smart Keyboard」にこだわる必要はないと思います。

例えば、仮にiPad Pro 10.5インチ用のSmart Keyboardを購入した場合、税込で19,224円と約2万円もします。Apple Pencilは税込で11,664円ですから、2つ合わせて追加で3万円の出費となります。

さらに、新iPad (2018) とは異なり、最新版iPad Pro (2017) はそもそも本体の値段が高いですから、これらすべて揃えますと10万円近くかかります。

新iPad (2018) は、Smart Keyboardには対応していないものの、普通のBluetoothキーボードには対応していますので、Amazon等で売っている安価なサードパーティ製を探してみましょう。

もし、Apple純正にこだわるのであればiMac向けに販売されている「Magic Keyboard」がおすすめです。こちらはApple Pencilと同じく税込で11,664円です。

これに、スタンドを組み合わせれば立派なコンピュータになります。私はiPad Proを所有していますが、「Smart Keyboard」ではなく「Magic Keyboard」+「スタンド」という組み合わせの方が、使いやすいと感じています。

本体を選ぶ際のポイントにもなりますが、高ければ良いというものではないと思います。自分の用途に必要十分である、これが非常に大切です。オーバースペックのものを購入しても宝の持ち腐れになってしまうだけですし、無駄な出費になるだけです。

そこを見極めて、ぜひ自身にピッタリなiPadをチョイスしてみてください!