デビット主義の私が仕方なくクレジットカードに乗り換えた3つの理由

私は普段、現金しか取り扱っていないところを除いて、基本的にVISAデビットカードとSuicaで決済をしています。

私のようなキャッシュレス人間が持つべき王道のアイテムといえば、専らクレジットカードが主流ですが、お金を使ったと同時に口座から引き落とされるデビットとは異なり、後からまとめて請求する後払い(一時的な借金)は、私の精神衛生上受け入れられず、ずっと敬遠していました。

ただ、最近いろいろありまして、半ば仕方なくクレジットカードを導入することにいたしました。

今回は、その理由について語っていきたいと思います。デビットユーザーで、クレジットが気になっている方はぜひ参考にしてください。

理由1:Moneytreeでカテゴリ毎に支出管理したいから

私は収入から支出までMoneytreeというサービスに銀行口座を紐づけてお金の流れを管理しています。他にもポイントカードや現金の記録など便利な機能が多数あります。非常におすすめなサービスです。

このMoneytreeの醍醐味は、クレジットカードを紐づけることで、支出をAIが支出メニューのカテゴリ毎に自動分類して詳細に管理してくれることです。例えば、クレジットカードでスーパーで買い物すると「食費」に分類され、携帯電話料金を支払うと「通信」に分類されるといった具合です。

ところが、Moneytreeはデビットカードに対応していないため、支出メニューに支出記録がされず、クレジットカードのように自動分類がされないのです。ただし、銀行口座とデビットカードは表裏一体の関係であり、デビットで決済すると都度口座から引き落とされることから、一応「銀行口座」のメニューから支出の動きは確認できます。


とは言え「支出」のメニューではなく、あくまで「銀行口座」のメニュー(通帳と同じ)からの確認であるため、上の画像のようにVISAデビットの決済記録が全て「VISA-◯◯◯◯◯◯」となってしまい、品目がさっぱり分からないのです。家計簿代わりとしては全く使えないのです。

ちなみにMoneytreeの競合サービスであるMoney Forwardも同様です。何年も対応を待っていますが、さすがに待ちくたびれてしまいました。

理由2:Apple Payが使いたい

究極のキャッシュレスを目指すのであれば、一番理想的なのはお財布を持たないことです。キャッシュレス人間はとにかくをお財布を出すのが面倒でならない。

ただ今日の日本を見てみても、現金決済は健在。なので結局カードも財布の中。残念ながらそういうわけにはいかなそうです。

それに冷静に考えてみると、物理的なカードって実は不便なのではないかという疑問があります。なぜなら、暗証番号不要・サインレスの店舗を除けば、現金よりも決済手続きが増え、逆に不便な状況を作りだしてしまうからです。

しかも、財布からカードを出すという手間も、現金とさして変わらない。

画像出典:Apple

そこで登場するのがApple Payという「仮想的なお財布」です。現状、日本版Apple Payには「iD」「QUICPay」「Suica」という3種類の電子マネーを入れることができます。

Apple PayならiPhoneやApple Watchでかざすだけで簡単に決済が完了します。決済の際は指紋認証や顔認証でパスコードを解除できるので楽ちんで安心です!

しかもApple Watchなら腕に着ける際に予めパスコードを解除しておくので、決済の際はそのまま腕をかざすだけで済みます。究極のキャッシュレスの実現です。

ただ残念なのが、いずれも直接デビットカードには対応していないという点です。ただし、Suicaであればチャージする際にデビットカードを使うことができますが、あくまでSuicaという電子マネーに予め入金するというプリペイド型なので少し意味合いが違います。

いずれにせよ、Apple Payで決済したいなら「iD」「QUICPay」に対応したクレジットカードが必要だということです。

理由3:確定申告の帳簿作成の手間を省きたいから

少し専門的な話になりますが、私はUberEatsというデリバリーサービスのアルバイトをしています。厳密にいうとアルバイトではなく、業務委託型の個人事業主として仕事をしているのですが、本業は大学生なので、感覚的な意味合いでアルバイトと言っています。

年収38万円以上の個人事業主の場合は確定申告をする必要があり、それと同時に帳簿の作成をしなければなりません。帳簿には、日々の会計における取引が書かれています。


帳簿付けには「発生主義」と「現金主義」という2つパターンがあるのですが、個人事業主が最大限の控除を受けられる青色申告で確定申告する際には「発生主義」というめんどくさい方法で帳簿付けをしなければなりません。

この違いを詳しく知りたい方は以下のサイトがわかりやすいので参考にしてみてください。

参考 発生主義と現金主義の違い個人事業主メモ

早い話が、帳簿作成には仕事用の口座の通帳に記帳されていることを、複式帳簿という方法でくまなく帳簿付けをするのですが、私は仕事用とプライベート用を分けているわけではありませんので、プライベートで決済したデビットカードによるの取引も全て帳簿付けしなければなりません。

ここで最悪なのが、デビットカードで取引しているということです。デビットカードでは、決済したと同時にいちいち口座から引き落とされますので、通帳にすべての決済取引が記帳されてしまいます。

つまり、帳簿付けがかなり面倒になってしまうのです。私は確定申告の際には会計ソフトを利用していますが、それでも面倒であることには変わりません。クレジットカードなら決済が月1で済みますので、手間が大きく省けます。

デビットカードにはないクレジットカードのメリット
  1. Moneytreeで支出管理が品目ごとにできる
  2. Apple Payが使える
  3. 確定申告の複式帳簿が楽になる