大学生はパソコンを買うならiPad ProとApple Pencilを買うべきだ

 多くの大学生は入学を機にあるいは新学期に、ノートパソコンをご購入されるかと思います。最近ではYouTuberの影響のせいか、キャンパス内を見回すとMacBookシリーズを使ってる大学生をよく見かけます。
 ただ、私は一部の理系組の除いてノートパソコンを購入することをおすすめしません。いや、MacBookシリーズを購入するなら、iPad ProとApple Pencilを購入すべきと断言します!
 その理由を、私の体験談を踏まえて述べたいと思います。

冷静に考えてパソコンで何をするのか?

 まず、自分は何学部に所属していて、どういう科目を履修している、あるいは履修する予定なのか、もう一度冷静に考えてみましょう。
 おそらく、多くの場合、パソコンを必要とする講義は少ないと思います。なぜなら、ほとんどのことはパソコンでなくてもできることばかりだからです。
 今一度、パソコンでしか出来ないことと言えば、PC専用ソフトの起動やAdobe製品を用いた高度な動画編集やイメージ作成、もしくはプログラミングといったところでしょうか。
 専門的な学部ではない限り、こうしたソフトウェアを扱うことはないかと思います。大学生がパソコンを使って何をするのかと言えば、ほとんどはWordやPowerPointを使った、レポート提出やプレゼンテーション発表のための作成です。
 後は講義の際にノートをとる程度でしょうか。であるならば、パソコンである必要は一切ありません。むしろ、タブレットの方が優れていると言えます。
 高度なソフトウェアを扱う専門学生や、プログラミングを学ぶ一部の理系組を除いて、文系はパソコンでなくても良いのです。

経験者の私からアドバイス!指定校推薦の合格後にやっておくべき勉強
Apple Pencil対応のiPad(2018)とiPad Proの違いは?学生はどちらを買うべき?

タブレット購入のすすめ

 以上のことを踏まえて、パソコンよりタブレットの方が優れている点を見ていきましょう。
 まず、WordやPowerPointに関してですが、いずれもタブレット専用の純正アプリケーションが用意されています。PCと同様、ライセンスの購入が必要ですが、多くの大学ではMicrosoft社と包括契約を結んでおりますので、在籍している学生であれば、無償でライセンスの権利を得て、有料の全機能を利用することが出来ます。
 PCと違うのは、キーボードとマウスを用いるか否かの違いのみで、タブレット版でも遜色なく使うことが可能です。特にPowerPointに関して言うと、微妙なテキストや図形等の配置変更の際は、マウスよりもタッチ操作が優れていることがよく分かります。

 次に、講義の際のノートですが、こちらもタブレットのアプリケーションで十分でしょう。アプリストアには、それぞれの特徴も持ったさまざまなアプリケーションがあります。最近のタブレットでは専用のスタイラスペンなども売られておりますので、そういったものを使うことで手書き入力ができます。PCよりも直感的な操作で、断然こちらの方が使いやすいです。
 そして何よりも重要なのは価格ですが、安さで言えばタブレットの方が優位でしょう。一般的にタブレットであれば、高性能モデルでも10万円未満で購入できますが、ノートパソコンともなると10万円を超えてしまいます。
 以上のことを踏まえますと、ノートパソコンよりもタブレットを選択する方が、合理的かつ経済的です。

私がiPad Proをおすすめする理由

 では、なぜ私は、数あるタブレットの中でもiPad Proをおすすめするのか。それは、モバイル性と実用性のバランスがこの上なく素晴らしいからです。
 まず、モバイル性についてですが、iPad Proで採用されているOSはモバイルOSです。モバイルOSというのは、iOSやAndroidといったスマートフォン向けに最適化されたOSのことです。
 モバイルOSの最大の魅力は、動作が軽いこと、そして直感的な操作で扱えることです。しかしそういうことがあるが故に、先ほど示したように、モバイルOSではできることがパソコンよりも限られています。
 ただ、ここで重要なのは、モバイル性が強いiPad Proであるにも関わらず、実用性はかなり高いということです。これはiOS 11のリリースが大きく影響しています。
 iOS 11は、モバイル性と実用性の融合に大成功した最新OSです。その象徴的なのが、純正のファイル管理アプリケーション「ファイル」の登場です。今までのiOSでは、個々のアプリケーションごとにファイルを管理していました。
 ところが、この「ファイル」では全てのアプリケーションのファイルを一元管理することができ、また、複数のオンラインクラウドストレージサービスとも連携ができるようになりました。

 この「ファイル」アプリケーションというのは、macOSの「Finder」、Windows OSの「エクスプローラー」に相当するものです。もちろん、モバイルOSであるiOSに最適化されていますので、操作性は抜群であり、非常にシンプルな構造で構成されています。
 今や、iPad Proのライバル的存在であるSurface Proにはない魅力です。Surface Proでは、パソコンと同様のWindows OSが採用されています。そういうこともあり、できることは無限大です。ただ、PC OSであるが故に複雑で、タブレットとして扱うには情報量が多すぎて、使っていているだけで、疲れてしまいます。
 それに対するiPad Proでは、実用性の高いパソコンのようなファイル管理システムを備えながらも、モバイル性という使いやすさを追求した、見事な二刀流に成功したのです。
 これは、講義を受ける上において、効率化という点で非常に重要なポイントです。

iPad Proの最高のパートナー「Apple Pencil」とのコンビネーション

 iPad Proの最大の魅力は、何より「Apple Pencil」を使うことができる点です。Apple Pencilがあるからこそ、iPad Proの魅力が増すといっても過言ではありません。
 Apple Pencilは過去のスタイラスペンの中でも史上最高の逸品と言えるでしょう。低遅延、筆圧感知度、デザイン、使いやすさの全てにおいて、満足度が高いスタイラスペンです。Appleの純正品であり、iPad Pro専用として最適化されているからという理由もあります。

画像出典:Apple

 もちろん、Apple Pencilを使って絵を描いたりするのも最高に楽しいですが、私は講義でノートをとるときにたいへん重宝しています。2017年6月に発売された第二世代iPad Proでは、リフレッシュレートが120MHzになり、さらなる低遅延そして書き心地がアップしたことにより、文字を書く上では素晴らしい環境となりました。
 別にApple Pencilのようなスタイラスペンを用いなくても、パソコンと全く同じ操作であるキーボード入力によるノートテーキングもできます。でも、やはり直感的な操作である「手書き」には敵いません。それは、多くの方が共感できるポイントでしょう。
 「手書き」の良さは、直感的に書けること、素早く書けること、図を描くことができるなど、全てキーボード入力では実現し得ない操作性を持ち合わせています。
 大学の講義では、PDFで資料を配布されることが多く、そのままApple Pencilでメモを取ることができるのは便利かつ、たいへん魅力的です。印刷する必要がなくなりますので、コスト削減にもなります。
 そして、このスタイラスペンを用いた「手書き」の魅力を最大限に発揮させるにあたって、もう一つ重要なポイントがあります。それは、OSがタッチ操作に最適化されていることです。
 iPad Proで採用されているモバイルOSは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに最適化されているOSです。つまり、タッチ操作に最適化されているということが言えます。
 Surface Proで採用されているWindows OSは、パソコンと同様のPC OSであるということを先ほど指摘しました。パソコンを操作するにおいて、最も最適な環境とは何でしょうか?
 それは言うまでもなく、マウスないしはトラックパッドです。つまり、手書き入力などのタッチ操作にはもともと不向きであるということです。Surface Proも専用のスタイラスペンが販売されていますが、メイン操作は付属の専用のキーボードとトラックパッドによる入力です。
 このことから、スタイラスペンを用いた「手書き」入力において、モバイルOSを採用しているiPad Proが優位にあるということは言うまでもありません。

講義に最強なノートアプリ、その名も「Notability」

 大学生がiPad Proを購入して、まず手に入れたいアプリは、App Storeで評判高いノートテーキングアプリ「Notability」です。
 少し前に、AppleがiPad ProのテレビCMに「Notability」を使っていたのが、印象的ですね。

 この「Notability」ではApple Pencilを使った「手書き」のノートテーキングやPDFの脚注などができます。
 こういったアプリケーションは山ほど溢れているのですが、「Notability」の最大の特徴はApple Pencilに最適化されていること、そして録音機能を備えていることです。

録音とペンによる手書き入力がリンクしているため、再生する時に、録音した音声と合わせて、文字も録音中に書かれたようにライブプレビューされる。

 この録音機能の何がすごいのか。それは、ライブプレビュー機能です。いや、この機能本当に凄すぎて、講義を振り返るときに、ものすごく重宝しています。
 また基本的な機能として、多色なペンや直線サポート、図形の挿入程度で多機能ではありませんが、ノートをとることに集中できるつくりを重視しており、必要十分の機能性として高く評価できます。

 機能がごちゃごちゃしていても、使いにくいですし、講義に集中したいのに、目障りです。やはり扱いやすいのが一番です。
 「Notability」は1,200円の有料アプリですが、iPad ProとApple Pencilの組み合わせで使うことで、1,200円以上の価値を生み出すことができるでしょう。両方とも手に入れたら、絶対に購入したいアプリです。

 いかがだったでしょうか?
 高いパソコンを買うよりも、むしろiPad ProとApple Pencilを組み合わせて使う方が、最終的には満足度が高くなるということを感じていただけたでしょうか?
 全国のApple Storeや家電量販店で実機に触れることができますので、もし購入に悩まれている方は、ぜひ一度お試しになってみてください!

 p.s. 大学生または、大学に進学が決まった高校生であれば、学割価格で買えますよ!ということを最後に申し上げて締めたいと思います。

Apple Pencil対応のiPad(2018)とiPad Proの違いは?学生はどちらを買うべき?