Apple Storeでキャリア版のiPhoneが購入可能!? MNP引き止めポイントもOK?

キャリア版のiPhoneを購入される場合、多くの方は、各キャリアショップや家電量販店で契約されるかと思います。もしくは、キャリアのオンラインショップをご利用されるかもしれません。

ところが最近、国内にあるAppleの直営店舗「Apple Store」でも、キャリアショップと同様にキャリア版iPhoneの購入、そして料金プランの契約ができるようになったのです。

Apple Storeでキャリア契約?

以前からも、Apple StoreにてiPhoneを購入することができました。ただ、販売されているiPhoneはSIMフリー版のみで、キャリアの割引が適用されたiPhoneの取り扱いはありませんでした。

しかし最近では、キャリア版のiPhoneの取り扱いを実施しており、料金プランも含めて契約をすることができます。対象キャリアは、ソフトバンク、au、NTTドコモ、Y!mobile、UQ mobileで、機種変更、新規契約、MNPのすべてに対応しています。

もちろんキャリア版ですので、料金プランによってはキャリアの割引が適用された実質価格での購入が可能ですつまり、ソフトバンクなら「月月割」、auなら「毎月割」、NTTドコモなら「月々サポート」が適用できます。逆に実質価格で購入できない料金プランは、ウルトラギガモンスター+やauピタットプランなどのそもそも実質価格で提供していない分離プランなどです。

注意点として、SIMフリー版ではありませんのでそのキャリアのSIMロックがかかります。ただし、キャリアが定める規定日を過ぎればSIMロック解除をすることができます。

また、キャリア契約の際には事前にApple公式サイトでのWeb予約が必要な場合があります。予約には、端末の確保も含まれます。在庫状況は日々変動しますので、Web予約ができない場合は、都度、来店予定のApple Storeに問い合わせることを強くおすすめします。契約の際に必要な書類等は、Appleの公式サイトをご覧ください。

予約と必要書類の準備が整ったらあとはApple Storeに出向くだけでOKです! 言うなれば、Apple Storeはキャリアショップと全く同じような機能を果たしているのです。

MNP引き止めポイントは使える?

Apple Storeでの契約においてもキャリアが独自に発行するポイントはもちろんのこと、機種変更の際に機種代金の割引に使えるいわゆる「MNP引き止めポイント」も利用することができます。

もちろん、その他各種実施されているキャンペーンも適用することができます。

【機種変更】ソフトバンクでiPhone Xを42,000円割引で購入した話

未成年が親の代理人として手続きできる?

Apple Storeではキャリアショップと同様に、未成年が親の代理人として契約することが可能です。その際は、法定代理人(親)の同意と各キャリアが定める書類を揃える必要があります。ただし、のりかえを含む新規契約はできません。

Appleの公式サイトに記載されている必要書類と異なりますので、注意しましょう。Apple Storeの担当スタッフに電話で尋ねたところ、各キャリアが定める書類を用意するとのことでした。ここでは契約者が法定代理人(親)、利用者が未成年ということを前提に以下にキャリアごとの必要書類をまとめておきます。

ソフトバンク

機種変更

A. 本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
日本国パスポート
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など
B. 親権者同意書
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
C. 委任状
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
D. 法定代理人(親)の本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
日本国パスポート
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など

※健康保険証及び住民基本台帳カードの場合は、さらに、住民票記載事項証明書、公共料金領収書、官公庁発行の印刷物のいずれかが必要です。

新規契約・MNP(他社からのりかえ)

ソフトバンクでは、未成年が親の代理人として、新規契約・MNPの手続きをすることはできません。

au

機種変更

A. 本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
日本国パスポート
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証+学生証
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など
B. 親権者同意書
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
C. 委任状
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
D. 法定代理人(親)の本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など

※健康保険証及び住民基本台帳カードの場合は、さらに、公共料金領収証、住民票、届出避難場所証明書のいずれかが必要です。

新規契約・MNP(他社からのりかえ)

auでは、未成年が親の代理人として、新規契約・MNPの手続きをすることはできません。

NTTドコモ

機種変更

A. 本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など
B. 親権者同意書
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
C. 委任状
(1点)
こちらからダウンロードし、プリントして記入
D. 法定代理人(親)の本人確認書類
(右記の中から1点)
運転免許証
個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証(※)
住民基本台帳カード(※)
など

※健康保険証及び住民基本台帳カードの場合は、さらに、公共料金領収証、「マイナンバー」の印字がない住民票のいずれかが必要です。

新規契約・MNP(他社からのりかえ)

NTTドコモでは、未成年が親の代理人として、新規契約・MNPの手続きをすることはできません。

Apple Storeで購入するメリット

Apple Storeで購入するメリットは2つあります。

理由1:在庫が安定している

昨年のiPhone Xのように、キャリアショップで購入される場合、いつ在庫が入るのかはっきりしないことがあります。

その点、Apple Storeではほぼ毎日在庫が入荷されますので、比較的安定しています。昨年発売されたiPhone Xは、キャリア等では入手困難だったにもかかわらず、わずかですが毎日朝6時から予約を受け付けていました。

理由2:頭金の請求やオプションを強制されない

これが、最大のメリットといっても過言ではありません。理由1で在庫の安定性を挙げましたが、それならば家電量販店も比較的安定しています。しかし、家電量販店を含め、キャリアショップ等のほぼすべてはフランチャイズ形式による代理店運営です。

従って、少しでも利益を確保するために、任意で加入できるオプションを強制加入をさせてきます。そして、基本的に断ることができません。

また、頭金を請求される場合もあります。本来、頭金というのは、分割で購入する際にその一部を予め、いくらか支払う金銭のことを指しますが、携帯電話業界では少々意味合いが異なります。

携帯電話業界でいう頭金というのは、端末を購入する際に追加で上乗せされる金銭のことで、相場は約5,000円から10,000円です。従って、例えば、15万円の端末を購入した際に、1万円の頭金を支払った場合、残りの分割支払金の合計額は14万円になる、というわけではなく、普通に15万円支払うことになります。

この頭金の正体は、キャリアショップや家電量販店が得る追加の利益です。実際のところ、端末代金は各代理店会社が自由に決められるので特に問題はないのですが、あまりいい気分はしませんよね。ただ「頭金」という表現の仕方は違うような気がしますが…

いずれにせよ、こういった代理店会社運営のキャリアショップや家電量販店とは違い、Apple Storeでは専門のエキスパートがiPadに内蔵されている専用のアプリ「Plan Genius」というものを使って、あなたにピッタリなプランを提供してくれます。

もちろん、頭金の請求やオプションの強制加入はありません。

最後に

キャリアショップや家電量販店とは異なり、Apple Storeではスタッフのサポートを受けながら、その場でiPhoneを袋から開封、SIMカードの挿入といったキャリアショップ等ではできない貴重な体験から、初期設定や使い方など、すべて神対応で丁寧に教えてくれます。

契約手続きの疲れさえもすっ飛ばしてくれる、そんなお洒落なApple Storeでぜひ1度契約してみてはいかがでしょうか?